「自分のホームページを作ってみたい」「けれど、Webページを作成するなんて、難しそう。」そんな風に思っていらっしゃる方は、実はとても多いのではないでしょうか。

 もちろん、プロやホームページ作成に詳しい人が作ったホームページと同じように作るのは、なかなか難しいこと。ですが、大切なことは「作ってみたい」その気持ちです。最初はシンプルなページから、先ずは始めてみませんか?作っているうちに、案外簡単に詳しくなれたりもするものです。

 また、Webページ作成の魅力は、ただ作ることにとどまりません。他のホームページの管理人さんや、訪問してくれた人と交流することも、Webページ作成の楽しみのひとつです。



【1】Webサイトの仕組みと基礎を理解する【HTML/CSSの入門編】

small__3584965668
Web制作勉強の第一歩として、HTML/CSSがあります。すべてのWebサイトのベースとなる知識でこれを知っていないとなにも始まりません。

とはいえ、HTML/CSSの基本を学ぶことはとても簡単です。では、実際にどういった流れで勉強していくべきかを見ていきましょう。

1-1. ドットインストール(HTML入門/CSS入門)

HTML入門 (全16回) ? プログラミングならドットインストール

CSS入門 (全18回) ? プログラミングならドットインストール

Web界隈ではとても有名なドットインストールを使います。
ドットインストールとはプログラミングを動画でわかりやすく解説しているサイトでして、ぼくもかなりお世話になっています。海外には動画でプログラミング勉強をするサイトがたくさんありますが、日本ではドットインストールくらいしかありません。(その他サイトもありますが情報量が少ないです。)ちなみに、動画でプログラミング勉強ができるサイトは記事の5-4でまとめています。

1-2. よくわかるHTML5+CSS3の教科書

よくわかるHTML5+CSS3の教科書
大藤 幹 マイナビ 2012-07-28
売り上げランキング : 57802
Amazon
Kindle
楽天ブックス

HTML/CSSの勉強においては、この1冊で十分です。HTMLとCSSのうしろに数字(5と3)がついていますが、これはバージョンを表しているだけで、これから勉強を始める方はとくに気にしなくて大丈夫です。

本書を使うにあたっての注意点としては、多分途中で飽きるということです。これは人にもよりますが、ぼくの場合は途中で飽きました。飽きないようにするコツとしては、ゆるく読むことが大切です笑。HTML/CSSは基礎だけど幅が広いです。なので、1度で理解しようとすると時間がかかりすぎて飽きる原因になります。

1-3. ディベロッパーツールの使い方

ドットインストールとよくわかるHTML5+CSS3の教科書を読み終えた時点で、HTML/CSSはこんなもんか、くらいは理解できている状態かと思います。このタイミングでディベロッパーツールの使い方を理解しておくことが大切です。ぼくが独学で勉強していたときは結構後の段階でディベロッパーツールを知ったので、残念なことをしたな…と後悔しています。具体的な使い方は以下の記事によくまとまっています。

Web開発でよく使う、特に使えるChromeデベロッパー・ツールの機能 ? Build Insider

1-4. フレームワーク(Bootstrap)の使い方

人によっては、基礎をマスターしたあとに、フレームワークを使うべきだと言います。しかし、ぼくの考えは違っていまして、初心者でもばりばりフレームワークを使うべきだと思います。理由としては、フレームワークは楽しいからです。というのも、基礎学習の本では10行以上で書かれていたコードが、フレームワークを使うことで、たった1行で実現できたりするからです。

HTMLのフレームワークは数多くありますが、中でもBootstrapを利用することをオススメします。理由は単純で、1番広く使われているフレームワークだからです。ネットでググれば参考情報が数多くでてきます。

勉強方法は、またかよ、と言われそうですが、ドットインストールがオススメです。以下の動画をサクっと見てしまいましょう。

Bootstrap 3.0入門 (全18回) ? プログラミングならドットインストール

【2】Webサイトにアクセスを集める【SEOの入門編】

medium_3828159160
Webサイトをつくる目的は人それぞれですが、オンライン上に公開するからには、多くの人に見てもらいたいと思うのは人間の心理かと思います。

そこで必要となってくるのがSEOの知識です。SEOとはサーチエンジンオプチマイゼーションのことであり、かんたんに言うと、あるキーワードで検索されたとき、上位表示を狙うために必要となる技術です。特に検索結果のトップ10に入ると、数多くのユーザーがサイトに訪れてきます。では、どういった流れでSEOを勉強していくべきか見ていきましょう。